なおきち徒然


おもかげ松露庵
なおきち

なおきち
おもかげ松露庵

はじめまして

おもかげ松露庵のリポートいたします、新人スタッフのカツキです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

3月26日 13:30 晴れ

松露庵 ―

ちょっと分かりにくい裏道。

閑静な住宅街。戸建てと集合住宅に囲まれ、ぽっかりと背の低い建物が現れます。そのお屋敷の上だけ、青空がちょっぴりマッドに映るみたい。 建築は昭和10年前後・・・太宰治が東京帝国大学を除籍された昔ころ!

うん。松露庵、趣きを放つわけです。

 

門をくぐり、広いたたきを上がってお茶室へ。

なんでしょう、時間や気流の次元がちょっと違う。

珈琲の香り。ゆるり。

わたしのなかで、ここを擬人化するなら笠智衆です。

 

古瀬公園に面した、縦に4畳ほどある贅沢な縁側では、撮影を終えられたお客様が日向ぼっこ、珈琲を飲みながらスタッフを交えて談笑なさっていました。

 

80代と90代、女性のお友達同士。

できたての写真を見てお互いを絶賛するのに、ご自分の写りには「シワが多いわ!」と不満顔で笑ったり、愉しそう。

わたしも見せていただくと、朗らかな笑顔! 得も言われぬ、その人だけの “コク” みたいなものがいっぱいに漂っていて、それが美しく惹きつけられます。

 

「遺影、飾られるの恥ずかしいわ!」

お一人が仰いました。

「大丈夫よ、自分は見ないのだから」

誰かの声で、そうね!と大笑い。

 

そうか、これは遺影でした。

 

 

次のお客様は、ある転機を迎えた心のゆらぎを、撮影の合間、珈琲を味わいながら、じっくり言葉を紡ぐように語られました。

 

人生は、最期まで唯一無二の物語なのですね。

最期を少し意識すると時間がリアルになる。 人生を振り返ったり自己対話したり、 自分を含む世界を愛おしむことは、未来の灯りになる。お客様をとおして、そんなことを感じました。

 

 

懐深い旧家

豆を挽き丁寧に落とす珈琲

 

ゆるりとした時間と五感に寄り添う空間、

その人が内包するぬくもりや多彩な人間味を

深く感受するカメラマンさん。

 

遺影は、この瞬間に生きている美しさを撮ること。

 

 

『おもかげ松露庵』

この場所で、「遺影」である意味が分かってきました。

 

 

迷ったとき、挑戦したいとき、ちょっと息抜きしたいとき、愉しいときにも『おもかげ松露庵』はゆるりのんびりと心の対話にうってつけです。

 

 

リポート、長々となってしまいました。

今回は見学でしたが、次回からは「中の人」になる予定です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

(新人_カツキ)

 

今後の開催日程や詳細はこちら

https://coubic.com/niwatokura/509658

 

 

 

月に一度のおたのしみ
なおきち
田無なおきち
なおきち
月に一度のおたのしみ

【10/15(金)完売御礼❗️グーテ・ド・ヨーコのホットケーキ】

こんにちは、はじめまして。

今回から田無なおきちレポーターになりました、聖香と申します。よろしくお願いします。

 

さて、第3金曜は、ヨーコさんのホットケーキの日です。

 

ヨーコさんのホットケーキのオススメポイントの一つは、トッピングを選べるところ。

 

私は、秋の味覚、栗がごろっと入った 《栗のメレンゲアイス》をお願いしました。

お隣さんは、

《柿のソテーとブランデーキャラメルソース》 を選んでいました。

シンプルに、

《発酵バター》と 《有機メープルシロップ》も美味しそう。

 

10食限定ですので、あっという間に完売御礼となりました。

 

次回は11/19(金)11:30〜 毎月、第3金曜日に開催してます。

※現在、通常営業はお休みしております。

 

ページトップへ