天家燈四郎 独演会「天家のピン」第11夜テーマ「柳家小三治リスペクト」

19:00open/19:30start ¥1,000+2オーダー分 飲食チケット¥1,000 演目「うどん屋」「猿後家」 落語家の独言 11月テーマ 「柳家小三治リスペクト」 天家のピン全12回の中で「リスペクト」と称しているのは2回しかない。 もう一つ、5月テーマ立川談志リスペクトの会は田無インドラフェス出演の為(とても良い時間だった!) 幻の会に。 嬉しいのがこの御二方が同じ師匠、 五代目 柳家小さんに弟子入りしていた事だ。 アマヤの落語の指針がはっきりと解る、これに尽きる。 井上ひさしが戯曲「円生と志ん生」 という作品を世に送り出したが、私は「談志と小三治」という構想を密かに練っている。こうご期待! ああ!もうスペースが! 小三治師匠の凄いのはお酒を召し上がらないのに、 酔人を演じたらすさまじく面白いのだ、下品になるスレスレでやってのける。 兼ねてから考えている、人の品というものは声を通すと大体滲みでるもので、 特に ラジオで喋るとすぐ解る。 やだなと思ったパーソナリティーは大概長続きしない。