各店の営業情報を見られます。
イラストをクリック!

なおきち12歳になりました

西武新宿線というローカル電車のはしる、西東京市のまん中あたりの小さな喫茶店「田無なおきち」は、2017年12月に「株式会社 にわと蔵」として新たなスタートをきりました。
これまで幸せな瞬間の連続だったと感じています。
カラン カランとドアのすず音さえ元気に聞こえる、帰り際のお客様の笑顔。
「おいしかったー」「ありがとう」「またねー」
たくさんの心がスパークして、この場が熟成されることを知りました。珈琲一杯商いとは言いつくせない、人とのつながりに感謝をこめて。
これからもどうぞよろしく。
金土日の週末、銀色のらせん階段の二階でお待ちしております。

店主の頭を覗いてみる

営業再開に伴う安全安心の取り組みと
お客様へのお願い

平素より、カフェなおきちをご愛顧いただきありがとうございます。

営業再開にあたり、
新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防と
拡散防止のためできる限りの取り組みをし、
お客様とスタッフが安全・安心して過ごせるよう努めます。
何卒ご理解・ご協力いただけますようお願い申し上げます。

六都なおきち 6月2日オープン
吉祥なおきち 6月10日オープン
田無なおきち 9月より金土日のみオープン
風薫る 神社なおきち 営業中

【安全・安心への取り組み】

  • 常時換気
  • 消毒液の設置
  • スタッフのマスク着用・手洗い・アルコール消毒の徹底
  • 店内のドアノブや座席、スイッチのほか、キッチン内の定期的な消毒
  • 座席は間隔をあけて配置
  • 入店人数の制限
  • 従業員の体調管理
  • 金銭の受け渡し時にはキャッシュトレイを使用

【お客様へのお願い】

  • 飲食後のご歓談中はマスク着用をお願いします
  • 発熱など体調のすぐれない方はご来店をお見合わせください
  • ソーシャルディスタンスとエチケットのご協力をお願いいたします

カフェという場は、お客様とスタッフがいて
初めて活き活きするのだと感じた3か月間でした。
新たな方向性や取り組み、意識がどんどん書き換わっています。
より互いを思いやる仕組みや行動に、心が満ち合って経済も成り立つ社会に。
そんなことを思いながら、なおきちは新たな扉を開きます。
これからも変わらず、どうぞよろしくお願いします。

2020年6月
店主 佐藤うらら

なおきちのヒミツ

なおきちクリスマスボックス
なおきち
六都なおきち
なおきち
なおきちクリスマスボックス
【なおきちクリスマスボックス】
 
すしざんまいならぬ
なおきちざんまいです!
 
一の重
 
二の重
 
どちらも手作りにこだわり
“美味しい”をぎゅうぎゅうに
詰め込みました
 
来年のクリスマスボックスは
もう少し数を多く承れそうです
にわとくらコミュニティがBALL.に掲載されました
なおきち
田無なおきち
なおきち
にわとくらコミュニティがBALL.に掲載されました
【掲載誌のお知らせ】
12/18(金)に発売された情報誌BALL. に
にわとくらコミュニティが紹介されました。
 
メンバーの活動内容とともに
我らがにわとくらコミュニティ代表佐藤うららの
コラムも掲載されております。
VOL.2の特集『100人の働きかた』
の記事として取り扱って頂いてます。
ぜひ書店にてご覧ください!
また、本誌は田無なおきちでも
販売しております。
※田無なおきち 年末年始は
12/21〜1/7までお休みとさせて頂きます。
お取り置き等ご希望の方は
年明け1/8以降のお渡しとなりますので
ご容赦くださいませ。
===========
BALL.
VOL.2 新しい働きかた 100人のトウキョウ
“多摩で働き、多摩で暮らす
地域の新しい働き方を紹介する情報誌”
銀色のらせん階段をのぼって会いたい人に会いにゆく。ほしい時間をつくりだす。おいしいの幸福も、そこに。 銀色のらせん階段をのぼって会いたい人に会いにゆく。ほしい時間をつくりだす。おいしいの幸福も、そこに。
ページトップへ