なおきち徒然


2024年1月27日 天家のピン 天家燈四郎独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2024年1月27日 天家のピン 天家燈四郎独演会

天家燈四郎さん、今年初の天家のピンはストーリー性のある落語二席でした。
映画観ているような落語を目指しているようです。
何となく意味は解ります!

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
今年最初の天家のピン、いっぱいのお客様に来ていただいて縁起が良い兆しでございました。
お越しいただきました皆様に、厚く御礼を申し上げます。

演目「星野屋」
  「文七元結」

以上、二席でした。
星野屋はネタ卸しでした。
昨年末に覚えたのですが、ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンの映画スティングみたいな騙し合いの応酬みたいな感じにしたくて、趣向を凝らし練っておりました。
さすがにあの映画には敵いませんが、天家の星野屋が出来つつあります。
大層な商人、星野屋の旦那。
お妾さんのお花の本心を試そうと店が傾きかけて、もう面倒が見られないから心中しようという事になり…。
お花のお母さんと、星野屋のおかみさんに活躍していただいております。

そして天家のピン1発目は景気付けに文七元結でした。
芝浜と文七元結はある方法で掛けるようになりましたが、これはお客様にだけ教えた秘密。
多分、誰もやっていない方法でしょう。

酒と博打で滅茶苦茶な左官の長兵衛は、細川様の屋敷で行われた賭場でスッテンテン。
師走の風が吹き荒ぶ中、褌に法被一枚で帰され、おかみさんに貧乏を詰られ、おまけに娘のお久が行方不明。
すると吉原の大店、佐野槌にお久が来ているというので長兵衛行ってみると、佐野槌の女主人にお久が直談判してお店で働かしてほしい、そうすればまとまったお金が入るだろうから父親に意見してくれと。
博打を止めるのと、来年の大晦日までに返す約束で50両貸してもらうが、1日たりとも期限を過ぎたら、途中で悪い癖が出たら娘を店に出すと。
それまではお茶やお花、裁縫などを身に付けさせて佐野槌で預かるというもの。

吉原を出た帰り道の吾妻橋で身投げをしようとしている文七に出会ってしまい訳を聞くと、売掛金の50両を集金の帰り、スリに取られたという。
話しを聞いた長兵衛は…。

自分がこのシチュエーションに立たされたら、どういう行動をするか掛ける度に自分に問われている気がします。

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

終演後のトークタイムもお客様と、色々な話しができて大変楽しい時間でした!
放送禁止ラジオコントの話題はまた今度。

ありがとうございました!

さて次回の天家のピンは2月17日(土)田無なおきちにて19時開演予定です。
詳細イベントページはこちら↓
https://www.facebook.com/share/LcnaXh2av8pVeZDs/?mibextid=9l3rBW

春の足音が聞こえたかと思いきや、寒い日が続いております。
落語を聴くと免疫力が活性化するそうなので、身体の事を思いやるついでに遊びに来て下さい!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

2023年12月23日 天家のピン
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年12月23日 天家のピン

天家燈四郎さん、この日初めて聴いた落語をお客様に披露したそうです。
無茶と勇気は違うからなと船長がよく言っておりました。
ちなみに船乗りとして働いた事は1度もありません。
そして年末ならではの芝浜でした!

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、今年最後の天家のピン開催いたしました。
クリスマス前にも関わらず、いっぱいのお運びでお越しいただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。

演目「巻き返し」
  「芝浜」

以上、二席でした。
巻き返しは、この日の昼間に聴いて覚えた噺。
そんな無茶は止めなさい!と言いたいところですが、折角お客様いっぱい来てくださるのだから、何かサプライズをと、何処でも滅多に掛からないどころか、私も初めて聴いた噺。

少しポンヤリした常さんは、色々あって時計が使えなくなり、お隣へ時計を貸りに行くと、お隣さんはお金に困ってるので300円貸してくれたら時計を貸してあげると言われる。
快く300円貸して時計を貸りる事が出来た常さんだが、時計が無くなったお隣さんは毎晩真夜中に時間を聞きに来るようになってしまい…。

小品で長くない噺は演り甲斐ありますね!

そして暮れという事で芝浜を。
落語のそれも人情噺の大スタンダードナンバーが今年はどのようになるのか。
呑んだくれの魚屋、1月近くも仕事を休んで女房に急かされ背中を押されて久々に魚河岸へ行く途中の芝の浜で42両入りの財布を拾い、もう仕事しねぇで一生呑んで暮らせると浴びるように酒を呑み、友達を呼んでの飲み食い、湯水の如く金の使う魚屋勝五郎は…。

年末にしか掛けない噺ですが、身体に入ってるものと入ってくるものが混ざり合って、良い落語になったとお客様の反応から伝わってまいりました。

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

終演後、天家の芝浜の演り方をお客様に少しお話ししました。
どういったやり方かは、この日のお客様だけの秘密でござんす。
アフタートークも楽しき時間でした!

今年も色々な人、色々な場所に去年以上にご縁が繋がり落語を掛けさせていただきました。
天家の落語はどんどん変わっていくと思いますが、スタンスは変わらずゆるりと、出しゃばらないけど引っ込まない感じでいきますので、来年もまたよろしくお願いいたします!

次回、天家のピン等、新年からの落語会のお知らせはまた改めて行いますので、よろしくお願いいたします。

皆様、また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

2023年12月2日 天家のピン 天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年12月2日 天家のピン 天家燈四郎 独演会

天家燈四郎さん、この日は落語を好きになるキッカケになった噺を掛けました。
あの面白さを出せればと思えば思うほど、考えるな!感じろ!と身体が言っております。

師走の忙しさにかまけて、色々遅れがちですが先週の土曜日田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
イベント盛りだくさんの日にも関わらず、いっぱいのお運びで、お越しいただいたお客様に厚く御礼を申し上げます。

演目「長短」
  「出来心」

春に小学校で出てきた以来の長短でした。
短い噺ですが、この日の長短は少し長めに。
気の短い短七さんと、気の長い長さんという性格が正反対の友達のある日の出来事。
台詞無し、仕草だけのお饅頭と煙草の場面が、自然と長く演っておりました。
不思議と私自身が癒されておりました!

二席目はすごく久々の出来心。
天家が落語を好きになったきっかけの泥棒の噺です。
泥棒のやり方を教わった新米が、行く先々で起こす騒動と、八五郎が泥棒に家の物みんな盗まれたと大家に言って、家賃を待ってもらおうとお願いする様を描いた間抜けなのか、壮大なのかという落語。
前に掛けた時はオリジナルのサゲでしたが、今回は古典のまま掛けました。
この噺中も、私自身充電していきました!

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

御予約のお客様と当日来ていただいたお客様とで、賑やかな良い雰囲気の中、楽しい会となりました。
お客様方のお陰です。
終演後のトークタイムもつい本音が出てしまう天家でしたが、皆様と話しているうちに整いました!
これまた楽しい時間でした。

さて来週12月16日(土)はひばりヶ丘のカフェ&バー
かんたん舎にて、20時開演予定
第二十六回かんたん寄席 天家燈四郎 独演会
師走の天家落語を開催いたします。
演目「仙人」「猪買い」二席の予定。

かんたん寄席は毎度、演目を決めて高座に上がるネタ出しの会ですが、アンコールもよく掛かりますので、何が出てくるか演者も楽しみでございます。
詳細イベントページはこちら↓
https://facebook.com/events/2072969369705644/?mibextid=9l3rBW

そして天家の年内最後の落語会は12月23日(土)田無なおきちにて19時開演予定、天家のピンでございます。
今年最後の天家のピンは心置きなく、年末の噺が出てくるかと思われます!詳細イベントページはこちら↓
https://facebook.com/events/2371233343080426/?mibextid=9l3rBW

冬至に向かって冷えてまいりました。
どうぞご自愛ください。
皆様、また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#らくごのじかん
#落語
#かんたん寄席
#田無なおきち

2023年11月11日 天家のピン
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年11月11日 天家のピン

天家燈四郎さん、子別れネタおろしでした。
良い感じでしたので、また細部の改良をよろしくお願いいたします!
八百屋さんが良さげでした!

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピンを開催いたしました。いこいの森公園では市民祭り、田無神社では酉の市とイベント目白押しにも関わらず、お運びいただいたお客様に厚く御礼を申し上げます。

演目「時そば」
  「子別れ」

以上、二席でした。
お蕎麦のマクラから、寒くなると聴きたくなる落語の大スタンダードナンバー時そば。
PayPayやカード決済だと何の面白味も無くなりますが、小銭を1枚ずつ渡すのはたまにやった方が良いと思いました。

さて、子別れも落語人情噺では大スタンダードナンバーですが、今回は訳あって上中下圧縮バージョンの25分でまとめたもので案外笑い処も多く、これから結構掛かっていく予感がいたしました。
近々、これでもかと言うくらい子別れ掛けます!

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

さて色々な落語会が続く中、次回の天家のピンは師走の12月2日(土)田無なおきちにて19時開演、20時30分終演予定です。
詳細イベントページはこちら↓
https://facebook.com/events/3661177750836410/?mibextid=9l3rBW

大分寒くなってまいりました。
どうかご自愛ください。
また気が向きましたら、脚が向きましたら遊びに来てください!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#らくごのじかん
#落語
#田無なおきち

2023年10月21日 天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年10月21日 天家燈四郎 独演会

天家燈四郎さん、この日の紺屋高尾が今までで1番の出来だったそうです!
確かに高尾太夫、とても艶やかでござんした!
そんな夜を共有できて嬉しく思います。

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
秋も深まり色々なイベントがある中、お運びくださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。

演目「やかん」
  「紺屋高尾」

以上、二席でした。
昨年、結構な高座数を掛けたやかんは、今年は2回目くらいでしょうか。常識に囚われない隠居さんに、これでもかと常識をぶつけていく八っつあんの押し問答。いつもはボケ役の八っつあんは、もうタジタジでツッコミもやっとの事。
講談の修羅場だけお約束で、掛けていて変な言い方ですが気持ちの良い噺です。

そして二席目。
今回、渾身の紺屋高尾。
今まで9年程、この落語を掛けているのですが、おそらく1番良い出来でした。
吉原で全盛を極めた花魁、高尾太夫と紺屋の藍染職人、久蔵の一途な恋物語。
元々講談ネタが落語になった噺だが、笑い所も多く江戸っ子の了見も良く出ていて、天家が落語を聴いて初めて泣いたのは、この紺屋高尾でした。
誰の紺屋高尾だったのかは、この日のお客様にだけ話しました。
サゲは天家作のオリジナル。

お客様の反応もとても良く、どうやって始まって、どうやって終わったか、あまりよく覚えていない、年に2、3回くらい味わえる至福の時間で、久蔵の真心に触れた高尾太夫の気持ちが、やっと何となく解った気がします。
職業が違うだけで、殆ど噺の形式構成が一緒の「幾代餅」がありますが、私は紺屋高尾が好きです。

楽しんでいただけましたら、これ幸いです。

さて、次回天家のピンは11月11日(土)田無なおきちにて19時開演予定です。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/3549595365308552

このところ有難い事に忙しくさせていただき、月2回でした天家のピンも1回になってきてしまい、やはり月2回は開催したいと思う秋の午後でした。

皆様、また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家ピン
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

2023年9月16日 天家のピン
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年9月16日 天家のピン

先週土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。とても蒸し暑い夜だったにも関わらず、大入満員!大盛況!お運びくださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。

演目「猫の皿」
  「包丁」

以上、二席でした。

とても久々な猫の皿。
地方を廻る道具屋がフラッと立ち寄った茶店にいる猫がエサを食べている皿が、なんと1つでも三百両は下らない高麗の梅鉢で…。

天家は常々、猫の皿という噺をとても難しく、好きな落語なのに苦手意識がございました。
何故なら笑いどころがとても多いので、笑わせたい欲が出るのです。それが嫌でよっぽどの事がないと、もう演るまいと考えていたのですが、結構コアなお客様が多かったにも関わらず、スーッと猫の皿に入ってしまい、内心ドキドキしながら掛けておりました。
 しかし「考えるな感じろ」というブルース・リーの名言に倣って、場に身を委ねて淡々と出来ました。
これから結構掛かると思います。

世間とは逆で、私の中では包丁よりも猫の皿の方が難しいと感じておりましたが、包丁も手掛けた時よりも
大分変わってきているので、これからも楽しみです。

悪仲間のツネとトラ、仕事がうまくいかずにボロボロのトラとは対照的にパリッとした着物に羽振りも良いツネ。
今ツネは清元のお師匠さんの女性、とても器量の良いおあきさんと所帯を持って、生活費はおあきさんが全部面倒見ている何不自由無い暮らしぶり、しかしツネは他に若い女ができて一緒に成りたいが、世話になったおあきさんには別れてくれと言いづらい。
そこでトラに鰻をご馳走しながら、俺の女房を口説いてイチャイチャしている所へツネが出刃包丁を持って乗り込み、難癖付けて女郎に売っぱらっちまおうと悪企みをするが…。
トラが小唄を歌いながら、おあきさんを口説くシーンがやはり好きですねぇ。

楽しんでいただけましたら、これ幸いです。

さて来月は10月1日(日)に深大寺デジタルリビングラボでの「落語を楽しもう」の会が開かれます。
まだ若干名入れるそうです。

そして神無月の天家のピンは10月21日(土)田無なおきちにて19時開演予定です。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/854946149534023

皆様、また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#落語
#落語を楽しもう
#深大寺デジタルリビングラボ
#田無なおきち

2023年8月26日天家のピン 天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年8月26日天家のピン 天家燈四郎 独演会

 

天家燈四郎さん、年に1回の宮戸川の会でした。
何故このような陰惨な落語があるのでしょうかね。
演者もお客様もそれぞれに感じたものがありました。

 

先週土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
この日は宮戸川の会と銘打って、上・下の落語メインで聴いていただきました。
お越しくださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。

演目「道灌」
  「宮戸川」

以上、二席でした。
グリコ森永事件の犯人、かいじん21面相のマクラから久々の道灌でした。
落語の基礎中の基礎でございます。
八っつぁんが、ご隠居さんに太田道灌の故事に由来した話しを聞いて友達に試すという正に落語の王道です。

宮戸川は1年に1回のペースで掛けております。
上・下連続でした。何故、この噺を演るのか、下のとてつもない非日常から日常の有難さに感謝するのか、己の中の邪悪な部分をこの噺を聴いて、消化するのか、各々の聴き方があると思います。

聴いてくださいまして、ありがとうございました。

 

さて当日のお知らせご了承ください。
8月28日(月)開演15時〜16時の予定で、武蔵野市松露庵にて「珈琲と怪談」と銘打って、初の試みの映画講談一席と落語の怪談一席を掛けます。
詳細ページはこちら↓
https://pro.form-mailer.jp/lp/35055279286915

晩夏の夕暮れに、噺で涼みたい方は是非いらしてください。

#天家燈四郎
#天家のピン
#珈琲と怪談
#ぜんらくご
#落語
#松露庵
#田無なおきち

2023年8月19日 天家のピン 天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年8月19日 天家のピン 天家燈四郎 独演会

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
大入り満員!蒸し暑い気候にも関わらず、お運びくださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。

演目「夏泥」
  「おせん」

以上、二席でした。
もっと出てくるかと思っていたら今年初の夏泥!
泥棒さん、やっと見つけた留守の家と思いきや住んでいる奴が裸同然で居て、泥棒に入ったのに身の上話を聞いているうちに…。
バカバカしい説得力がございます。

二席目は先月末にネタ下ろしした「おせん」
池波正太郎さんの短編で、両国でも評判な料亭の旦那のお妾さんである、おせん。
明日なんざどうなってもいいと刹那に生きているが、ひょうな事から老婆と暮らすようになり最初は鬱陶しく思っていたが、献身的に働く老婆を見るうちに…。
文化4年 西暦1806年に深川八幡の祭礼で見物客がごった返し、永代橋が落ちた史実におせんと老婆おみねが絡んでいく。

今年はおせんと猪買いをチャンスがあれば掛けていきます。

皆様の熱気が伝わりまして、丁度、永代橋の落ちたのが文化4年の8月19日、この日だったので丁度良い!と出て参りました。

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

終演後も久々の方、ご新規の方、常連の方々と皆それぞれ楽しげに談笑する様はとても良い夜でした。
ありがとうございました!

さて次回天家のピンは来週8月26日(土)宮戸川の会と銘打って19時開演です。
落語一席の後、宮戸川 上・下を掛けます。
上は若い男女の馴れ初めで楽しい噺てますが、下はとても陰惨な噺なので、それを踏まえた上でお越しいただければと思います。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/258283510384969

内容が内容だけに、まだ御予約に余裕がございます。
是非、気が向きましたら、脚が向きましたら遊びに来て下さい!

#天家燈四郎
#天家のピン
#宮戸川の会
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

占いバー~ライオンズゲート~
くどう@田無の乙女座
田無なおきち
くどう@田無の乙女座
占いバー~ライオンズゲート~

2023年8月8日㈫ライオンズゲートde占いバー

遠い宇宙の話からご近所トークまで

こんな感じでやってます(^^)

百聞は一見に如かず 超楽しいです

次回は8月31日なのですが満席頂いております

皆さんに感謝申し上げます

好きなことを貫くって

結構な勇気「変態度」が必要と実感できる飲み会です。

 

by工藤幸子

 

 

 

2023年7月22日 天家のピン 天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年7月22日 天家のピン 天家燈四郎 独演会

天家さん落語、水屋の富を掛けた後、お客様ので日中深川の水屋の話しを聞いてらした方がいらっしゃって、正にタイムリー!シンクロしていたようです。
考えるな!感じろ!

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
蒸し暑い中にも関わらず、お運びいただいたお客様に厚く御礼を申し上げます。

演目「青菜」
  「水屋の富」

以上、二席でした。
昨年ぶりの青菜でした。
旦那がお屋敷で奥方と使う掛言葉をやってみたくなり、自分家で試すが…、皆さん菜のお浸しははお好きですか?
落語の王道展開ですが、バカバカしくて良いです!

続いては水屋の富。
隅田川の向こう、本所、両国、深川界隈は井戸水に海水が混じり、飲用には適さなかった。そこで真水を売りにくる水屋さんという商売があり、実直な清兵衛さんは仲間から買った湯島天神の富くじの一番富が当たってしまい、早く代わりの水屋を見つけて、悠々自適に暮らそうとするが…。
やり始めた時はもっとカラッとしてたのですが、近年段々とサイコスリラー風になってきてしまっている。
それはそれで良いのでしょう!

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

 

さて来週は、ひばりヶ丘のcafe &BARかんたん舎にて落語会「第二十五回かんたん寄席 天家燈四郎 独演会
十年目の天家落語」
と銘打って、たがや、おせんの二席です。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/6348110841945577

8月の天家のピンは決まり次第、またお知らせいたします!暑さ厳しいですが、落語聴いて活力がみなぎっていただけたら嬉しいです。

皆様、また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#かんたん寄席
#落語
#かんたん舎
#田無なおきち

2023年7月15日天家のピン 天家燈四郎 落語独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年7月15日天家のピン 天家燈四郎 落語独演会

天家燈四郎さん、中入りの時に巷のあの話題に言及していましたね。
ある意味、恐怖と娯楽を語っておりましたよ。

昨日土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
蒸し暑い中、お運びくださいました皆様方に厚く御礼を申し上げます。

演目「茗荷宿」
  「お菊の皿」

以上、二席でした。
茗荷宿、久々に出てきました。
天家のは小田原宿が舞台です。
代替わりした茗荷屋という宿、倅が引き継ぐと悪い人じゃないんだけど、ハッキリモノを言ってしまう為に客足が減り、奉公人もいなくなり貧乏のどん底。
其処へ金三百両と上等な着物を携えた商人が泊まり…。

中入りの最中でしたが、巷で話題になっている某芸能事務所の性加害問題語り出して、そのままマクラからお菊の皿に入りました。
番町皿屋敷の話を知った長屋の連中が、今でも井戸から出る美しい幽霊お菊さんの話を隠居さんから聞いて見てみようと馳せ参じる。恨めしく皿を数える枚数7枚の声を聞くと気が狂って、八枚の声を聞くと高熱を発し、九枚まで聞くと絶命するので六枚まで数えたら逃げようとするが…。

夏にはよく出てくる噺です。
楽しんでいただけたらこれ幸いです!

 

次回天家のピンは7月22日(土)田無なおきちにて19時開演予定。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/649657387040705

お次は今まで天家が一回しかやっていない怪談掛けますかねって書いてしまうと、当日その気分じゃなくなってウーンってなっちまうから書かない、言わない方がいいんです。

でも聴きたい!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

2023年6月24日(土)天家燈四郎 独演会
天家燈四郎
田無なおきち
天家燈四郎
2023年6月24日(土)天家燈四郎 独演会

先週の土曜日は田無なおきちにて落語会、天家のピン開催いたしました。
蒸し暑い中、お運びくださいましたお客様に厚く御礼を申し上げます。

演目「あくび指南」
  「らくだ」

以上、二席でした。

久々のあくび指南は私が今年から始めた合気道についてマクラで話していくうちに出てきました。
これぞ落語、あくびのやり方を教えるというバカバカしさの極致でございます。
風流なお師匠さんから教わるあくびとは?

らくだも半年振りくらいでしょうか。
マクラで映画「怪物」を観た話しをしていき、落語界の怪物と言っても過言ではない、らくだが出て参りました。
最後までの完全版らくだでしたので、上演時間は50分弱でしたでしょうか。
かなり激しい噺ですが、天家は豹変する屑屋の癒しの噺だと考えております。

楽しんでいただけたら、これ幸いです。

さて次回の天家のピンは7月15日(土)田無なおきちにて、19時開演予定です。
詳細イベントページはこちら↓
https://m.facebook.com/events/1436209093844448

暑い中、来てくださるお客様に感謝しております。
また遊びましょう!

#天家燈四郎
#天家のピン
#ぜんらくご
#落語
#田無なおきち

ページトップへ