なおきち徒然


この夏の「三蜜」でした。
なおきち
吉祥なおきち
なおきち
この夏の「三蜜」でした。

2020年の吉祥なおきちの夏はこの三蜜でした。

特に真ん中の「豆花れん乳氷」は新作で、

もっちりした豆花を作るべく色々な材料で試し、

最後に行き着いたのは沖縄から取り寄せた芋くずでした。

お客様から大変ご好評いただきました。

ありがとうございます。

 

また来年お会いしましょう!

 

 

スタッフ募集します
なおきち
六都なおきち
なおきち
スタッフ募集します

六都なおきちでは、調理スタッフを 募集いたします。

 

食と人、文化が交差するカフェで、
みんなが笑顔になれるごはんを作りませんか。

お出かけの時も、安心して美味しいものを食べてもらいたい。
お客様の表情が見える、声が聞こえる、オープンなキッチンで
手作りしているお店です。

調理のノウハウを生かして
メニュー開発などクリエイティブなステップアップも可能です。
チームワークを大切にしながら主体的に取り組める方。
コツコツと真摯に取り組む姿勢を大切にしています。

 

【職種】
調理スタッフ
仕入れ・仕込み・メニュー開発

【給与】
アルバイト 給与1,013円~
社員登用有。経験能力を考慮します。

【勤務日】
土日含む週2日以上。シフト制。

【勤務時間】
10:00~18:00のうち4時間前後。
各店営業時間により異なる。

【勤務地】
・六都なおきち
西東京市芝久保町5丁目10-64 多摩六都科学館内1階

・吉祥なおきち
武蔵野市吉祥寺本町1-33-22 吉祥寺シアター内1階

【採用条件】
調理・仕入れ・仕込みをできる方
自立と責任感を持って勤務できる方
学歴不問。経験者優遇。

 

【応募方法】
下記のいずれかにご連絡ください。
TEL 042-446-7028
MAIL naokichi.tada@gmail.com
採用担当 佐藤、多田

 

 

 

おとな飯こども飯
なおきち
風薫る 神社なおきち
なおきち
おとな飯こども飯

新型感染症コロナウィルスの感染拡大防止でご提供していた、なおきちの応援弁当。
3月12日から5月15日まで、日替わりでたくさんの方にお求めいただきました。

 

なおきちのお弁当は地元野菜たっぷり。
春ならではの筍ピラフやふき、野菜の水分だけで作るなおきち名物「から~いカレー」やピクルス。
「毎日食べても飽きない」とリピートいただきました。

野菜それぞれ異なる個性を引き出しまとめるのは、塩麹・醤油麹のなせる業。
なおきちメニューの二枚看板役者です。
発酵は体の調子を整え、もこもこ元気にします。
生きている麹だから、天気や食材の風味によってその日その時の生きた美味しさが引き出されます。

きちんと、整え満たされる食。
体に優しい食材を体に良い調理方法で作ったものは満足感がちがいます。
少しでも皆さんの体と心の元気をお手伝いできたなら幸いです。

私たちも、ソーシャルディスタンスで買いに来てくださる皆様や、
配達先での笑顔や声に元気をもらって、走り続けることができました。

 

 

まだ肌寒かった3月、カフェ休業に入りお弁当を始め
いつの間にか木々の緑が色濃くなり、半袖を着る日もあるほど温かくなりました。
気温の上昇にともなって、なおきちの応援弁当はいったん終了です。

 

  
 このチラシからスタートしました。

 

5月25日に緊急事態宣言も解除となりました。
これから社会の仕組みが書き換わっていきます。
きっと「もとに戻る」ことはないでしょう。

よりお互いを思いやる仕組みや行動に、心が満ち合って経済も成り立つ社会に。
そんなことを思いながら、なおきちは新たな扉を開きます。

新しいお知らせはまた近いうちに。
これからも、どうぞよろしく。

 

ホットいちごミルク
なおきち
吉祥なおきち
なおきち
ホットいちごミルク

冬限定メニュー登場

「ホットいちごミルク」

ホットミルクに自家製いちごシロップと

コンデンスミルクを入れてお召し上がりください。

ふわっと温かな甘さで思わずニコっとしちゃいます。

最後はコップの底にあるいちごをスプーンでパクリ!

たまろくノエル
なおきち
田無なおきち
なおきち
たまろくノエル

田無なおきちの

\ たまろくノエル /

クリスマスらしい

スィーツができました!

 

クリスマスグリーンのガレットに

真っ赤なストロベリーソース

ミルクアイスに生クリーム

 

一瞬にして

恋に落ちてしまいます

落ちましたよ、コレには…

 

魔法のガパオ
なおきち
田無なおきち
なおきち
魔法のガパオ

本日より 復活しました

 

なんで魔法?

魔法をかけたようにおいしいから!

 

スタッフひとりひとりが

おいしい魔法をかけて

お作りします

コラボメニュー 亀島珈琲
なおきち
吉祥なおきち
なおきち
コラボメニュー 亀島珈琲

劇団ロロさんの演目「はなればなれたち」コラボメニュー。
オリジナルのスペシャリティ珈琲をハンドドリップ。(混雑時や店内状況により)
公演期間中は、店内も亀島珈琲店にバージョンアップ!
ドリンクのカップにはロロさんと吉祥なおきちのロゴシールを貼ったり、亀島珈琲のロゴTシャツを着て
スタッフも一緒に楽しませていただきました。
  

カフェコラボ記念メニュー第1弾として「亀島珈琲」のお名前を残させていただくことになりました。
今後は、ハンドドリップ珈琲を「亀島珈琲」としてご提供いたします。

劇中のワンシーンに登場する、亀島珈琲店。実は、その名前にも秘密が…

ロビーには、劇団みなさんのおすすめ本が置かれ、本屋さんのよう。
ブックカフェさながら、亀島珈琲の一杯でゆっくりされるお客様もいらっしゃいました。

公演期間:2019年6月22日(土)~6月30日(日)

吉祥なおきちは、演劇文化と食、人が交わる、まちの縁側。
ぜひ、一緒に楽しみましょう♪

 

コラボメニュー レモン焼きそば(期間限定)
なおきち
吉祥なおきち
なおきち
コラボメニュー レモン焼きそば(期間限定)

2019年4月吉祥寺シアター1階にオープンした、吉祥なおきち。
プレオープン期間中の3月に、劇団MONOさんの演目にあわせたコラボメニューをつくりました。
劇中で「レモン焼きそば」そのものは登場しません。
なおきちが想像し、劇中のある象徴としての、切なさとほろ苦さを、あたたかく包むように作りました。

吉祥なおきちは、演劇文化と食、人が交わる、まちの縁側。
上演前、休憩、観覧後に、その余韻を楽しんでいただけるよう、
劇に関するコラボメニューを創作してまいります。

ぜひ、一緒に演劇を楽しみましょう♪

なおきち「かき氷」のヒミツ<五龍神かき氷>
なおきち
風薫る 神社なおきち
なおきち
なおきち「かき氷」のヒミツ<五龍神かき氷>

風薫る 神社なおきち、夏限定。
「五龍神かき氷」。
田無神社に祀られている「五龍神」金龍、白龍、青龍、赤龍、黒龍を、表わしました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金色:なおきち特製のレモンシロップと輪切りレモン
白色:カルピス
青色:ブルーリキュール
赤色:ペリーラ(西東京市産赤しそのシロップ漬け)
黒色:波照間黒糖の手作り黒みつ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
色とりどりの華やかなかき氷は、目にも美味しく、
御神気を少しでもいただけるような気持ちになります。
なおきちのこだわりが、ギュッとつまったかき氷。
境内の五龍様をお参りした後に、どうぞお召し上がりください。


手描きの龍神様は、店主うららが奉納させていただいたものです。2体描き、一体ずつを田無神社となおきち田無本店、それぞれに展示しています。

なおきち「かき氷」のヒミツ<瀬織津姫のかき氷>
なおきち
風薫る 神社なおきち
なおきち
なおきち「かき氷」のヒミツ<瀬織津姫のかき氷>

風薫る 神社なおきち、夏限定。
「瀬織津姫のかき氷」。
麹甘酒と自家製のレモンシロップで
ふんわり、きゅん。
爽やかな甘さに仕上がりました。

田無神社は、水の神様である五龍神をお祀りしています。
男性的なイメージの龍神様に対し
同じく水の神様として”姫”を冠する「瀬織津姫」(せおりつひめ)をイメージました。

甘酒のほのかなコクと、
甘酸っぱいレモンシロップは、意外なほど爽やか。
参拝する男性のお客様からも人気のひと品です。

吉祥なおきち 演劇のお作法を知る
なおきち
吉祥なおきち
なおきち
吉祥なおきち 演劇のお作法を知る

演劇のお作法~大入袋

9月「阿佐ヶ谷スパイダース」公演とのコラボメニューで大いに盛り上がった、吉祥なおきち。
   
初めて公演の打ち上げにお呼ばれし、参加させていただきました。
俳優の皆さんの、公演が終わって安堵した表情が逆に新鮮で、終始ドキドキ。
乾杯後、俳優さんやスタッフのみなさんと話が弾み、宴もたけなわという頃、
「桜姫~燃焦旋律隊殺於焼跡」を作・演出した長塚圭史さんが
手に持ったのが「大入袋」!
大入袋を、本来の目的でリアルに使うタイミングに立ち会うとは!

「では!」と、まずは出演者に手渡され、
「怪我無く無事に終えられてよかった!」「皆さんのおかげで最後まで公演を終えられることができました」
と出演者の皆さんは様々なポーズやアクションと共に一言ずつ挨拶。
その後、制作スタッフや会場スタッフに、長塚さんから感謝の言葉とともに大入り袋が渡されます。
中には「ありがとうございます」と泣き崩れるスタッフも……
その光景を「あぁ、みんなの思いに支えられてこの公演が作られ、そして終わったんだなぁ」
と感激しながら拍手していたら
「カフェ 吉祥なおきちさん!」
呼ばれてびっくり!
当日参加していたカフェスタッフ全員であいさつ。やっぱり感極まってしまいました。

その後も感謝の大入袋は公演に関わったすべての人に手渡されると……
袋をシャカシャカ振っています!
「大入袋を振って、破れた穴から出てきた五円玉を、会場の人たちと交換しまくるんです」
と教えてくれたのは、赤星マキさん。舞台女優であり、当カフェでは料理も接客も任せられるスタッフです。
今回も演劇にまつわることでも、いろいろ助けてもらいました。

五円=ご縁を交換し、つないでいく。
お互いへの「ありがとう」「よろしくね」がつながる、演劇のお作法でした。

また皆さんとご一緒できる日を、楽しみにしています。

一部価格改定のお知らせ
なおきち
田無なおきち
なおきち
一部価格改定のお知らせ

 毎度、ご利用いただきましてありがとうございます。
カフェなおきちでは、消費税率の引き上げ及び材料費・人件費・諸経費の高騰に伴い、令和元年10月1日より一部店舗にてメニューの値上げをさせていただくことをお知らせいたします。

 価格を見直し、環境へも配慮し、ドリンクのストロー、プラカップ用の蓋のご提供を控えさせていただきたく存じます。
御要用の方はこれまで通りスタッフにお申し付けください。
「食は自分づくり」をモットーに、これまで通り、美味しく安心な食事やスイーツをご提供できるよう努めてまいります。

カフェなおきちにつながるその先の、すべての人が、幸せでありますように。

令和元年9月 オーナー 佐藤うらら
       スタッフ一同

ページトップへ